博多

2012-11-10
第110回博多織求評会、連続八回 『内閣総理大臣賞受賞』

H24.11.10  
第110回博多織求評会

平成24年11月8日から11日・審査日8?9日
場所:萬松山 勅賜 承天禅寺

筑前織物の製造を担当する系列会社・福絖織物
第110回博多織求評会において最高賞「内閣総理大臣賞」(八寸帯)を受賞し、
文部科学大臣賞(袋帯)経済産業大臣賞(袋帯)も併せて上位三大臣賞の受賞となりました。

今回の受賞で内閣総理大臣賞、連続八回の受賞となりました。
これからも、着物ファンの皆様に喜んでもらえる商品開発に取り組んで参りたいと思います。
 
IMG (3).jpg



(西日本新聞記事より)

DSC_0277.JPG


 

2012-11-09
最高賞 内閣総理大臣賞 受賞第110回博多織求評会

第110回博多織求評会 『最高賞 内閣総理大臣賞 受賞』

第110回博多織求評会にて、筑前織物の製造子会社 福絖織物の作品が、
最高賞である『内閣総理大臣賞』をはじめ、『産業経済大臣賞』『文部科学大臣賞』を、
受賞致しましたことを、ご報告させていただきます。
DSC_0277.JPG
              *画像クリックで拡大できます
詳細は、またご報告させていただきます。

 

2012-01-06
JR九州ホテル ブラッサム福岡全室に博多織額装

JR九州ホテル ブラッサム福岡(旧JR九州ホテル福岡)リニューアルオープン(2011.7)
『全室に博多織の額装を採用』

今回の全館改装に筑前織物が参加させていただき、全90室(デラックスツイン ツインルームシングルルーム スーペリアルルーム)に、筑前織物が企画した博多織を額装にした作品が飾られています。

JR九州ホテルブラッサム福岡

〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-2-4
TEL 092-413-8787 FAX 092-413-9746


新しい物作りを積極的に行っております。もし、ご興味ありましたら、お問い合わせくださいませ。


JR九州ホテル ブラッサム福岡
リニューアルオープンは2011年7月になります。
今回は新しい画像掲載のため、ご案内になります。

hakata.png
hakataori-gakuso.png

 

2011-11-08
博多みらいネットワーク2011フォーラムが開催されました。

「博多の魅力とは 寺社町の歴史と旧町」

とき2011年11月6日(日)  開場14:00  開演14:30  17:00(終了予定)

ところ 承天寺方丈      主催  博多みらいネットワーク

{第一部} 対談

『承天寺の歴史 禅の世界』

出演者  神保 至雲 氏  (承天寺住職)

日高  三朗 氏 (西日本新聞社博多まちなか支局長)

{第二部} トークセッション

パネリスト  神保 至雲 氏  (承天寺住職)

瀧田 喜代三 氏 (博多祇園山笠振興会会長)

張  実 奎  氏 (福岡・釜山経済協力事務所所長)

村田 美帆     (福絖織物・博多織手織技能修士)

コーディネーター

日高 三朗    (西日本新聞博多まちなか支局長)

当日は神保住職と日高氏の対談「承天寺の歴史・禅の世界」でスタート。続いて街づくりシンポシウムとなり、瀧田会長、神保住職、張氏、村田の計4人によるパネルディスカッションを行い日高氏がコーディネーターを務めました。

承天寺が博多織発祥の地として知られていることから、博多の伝統文化を守っていく決意などが披露されました。

 

 



 

 

2009-08-12
箱崎宮で神事「七夕祭大字揮毫(きごう)」が行われました。

福岡市東区箱崎の箱崎宮で8月7日、畳35枚分の和紙に大筆で書く

神事「七夕祭大字揮毫」が行われました。

この神事は今年で53回目で、今年の揮毫者に承天寺(福岡市博多区)の

神保至雲住職が選ばれました。

白衣袴に白い鉢巻き姿の神保住職は長さ約3メートル、重さ約10キロの筆で

「神光」と書き上げられました

(「神光」、は昭和天皇が聖一国師に贈った号「神光国師」に由来)

この日は大変お天気も良く、参列している私達も大粒の汗をかきながらの見学でしたが、

蝉の鳴き声も何かしら心地よく聞こえ、心洗われるひと時を過ごすことができました。

承天寺と同寺を開山した聖一国師が箱崎宮の加護で無事に宋から帰国できたと伝えられ、

箱崎宮と昔から大変ご縁が深く、この神事に筑前織物をご招待いただいた

神保至雲住職には大変感謝いたしております。