新しい取り組み

承天寺の袈裟に採用されました

 

博多織始租・満田弥三右衛門の石碑や多くの国の重要文化財を所有する、承天寺・神保至雲住職が着用する袈裟は、筑前織物の製造部「福絖織物」が製織した博多織の生地で作られています。

6-yama_05

2-yama_01

臨済宗大本山東福寺と、博多の承天寺を開山した鎌倉時代の禅僧・聖一国師が、中国(宋)への留学から帰国する際に帰国する途中、玄界灘で嵐にあい、筥崎宮に祈ったことで無事帰国できたため、帰国後御礼参りをしたことが始まりです。

1242(仁治3)年から続く歴史ある行事だ。承天寺の僧侶は、聖一国師が宋から持ち帰ったとされる砂糖と昆布を神前に供え、お経を唱えます。

3-yama_02 4-yama_03

5-yama_04

 

 
1-kesa1

筥崎宮で行われた報賽式の様子

7-photo_01_03 8-photo_01_2
 

 

 

Tags:,
Posted on 2013-03-06 | Posted in 新しい取り組み | No Comments »

Related Posts