博多織ドレス, 商品紹介

エスメラルダ

 


エスメラルダ美しい女性エスメラルダに恋をした男性が、その名と同じ宝石であるエメラルドを彼女に贈るために罪をおかしたという伝説を基にデザインされたドレスです。

エスメラルダとはスペイン語で、「エメラルド」を指します。

織柄には太陽と月、そして愛を象ったモチーフのモノグラムとなっており、その上を華やかな金色の蝶が舞う。そんなコンセプトで仕上げました。

テキスタイルコンセプト
美しい蘭の花に蝶が飛びかう、幻想的な様子を表現しています。

筑前織物の博多織ドレスは、意匠を手掛ける博多織の伝統工芸士と、デザイナーの小松エルザ美栄子 氏のコラボレーションにより誕生しました。
  • デザイナー 小松エルザ美栄子(office TESI )
【デザイナー、小松エルザ美栄子 氏について】
福岡発のファッションブランド「DIABLOTIN(ディアブロタン)」の創立者の一人であり、デザイナー。

2009年には「福岡アジアコレクション」で自身のブランドに加え、博多織のドレスをデザインし、高評価を得る。
ドレス ドレス
ドレス ドレス
ドレス ドレス
 

Posted on 2013-02-08 | Posted in 博多織ドレス, 商品紹介 | No Comments »

Related Posts