織元情報局

2014-10-03
特別講座「和のミュージアム」
博多織工場見学編

DSC00359 DSC00356 DSC00363 DSC00353

特別講座「和のミュージアム」博多織工場見学編 

2014年10月11日より13日まで、福岡市になる簀子小学校にて行われる「和のミュージアム」に先駆けて、特別講座を福絖織物にて開催しました。

 

「和のミュージアム」は、移動型博物館をコンセプトに「文化に出会う」「伝統にふれる」「歴史にかかわる」をテーマに、一般市民向けの企画です(主催は、九州大学と福博相伝の会)。

 

今回特別講座として「博多織工場見学とカラーセミナー「日本の色」」を行いました。

 

福絖織物の工場見学では、普段なかなか見る事のできない博多織制作工程を最初から最後(意匠 糸繰り 整経 製織 仕上げ など)まで説明させていただきました。その中で伝統工芸士との質疑応答などをさせていただき、物作りの現場スタッフとの交流を深めていただきました。

 

制作工程をご覧いただいた後、最後に出来上がった帯を見ていただきました。

 

参加いただいた方の声になりますが、

 

「こんなに手間ひまかかっているなんでしらなかった」

「博多織って、こんなデザインあるんだ」

「こんなに多くの糸をつかっているんだ」

「工場見学した後では、博多織の見え方がちがってくる」

 

 

など、たくさんの声をいただき、博多織を知っていただくいい機会になりました。

 

その後、博多織と絡めたカラーセミナーを行いました。

 

日本の色の歴史や、配色のあり方やコーディネートなど、

色に関するセミナーをしていただき、今回は和装の色という視点ではなく、

現代の色という視点から着物のコーディネート色の話をしていただきました。

 

こちらもとても好評で、みなさん聞き入っていました。

 

今回は、特別講座を通して多くの皆様に博多織をしっていただける貴重な機会になったと思います。

 

このような機会を増やしていき、皆様に伝統的工芸品である博多織を、

より身近に感じていただき、知っていただきたいと思っております。

 

もし博多織や工場見学にご興味ある方がいらっしゃりましたら、

お問い合わせくださいませ。

 

2014-09-15
第38回福岡県伝統的工芸品展
福岡県議会議長賞 受賞

第38回福岡県伝統的工芸品展にて、筑前織物グループの製造子会社である福絖織物が出展しておりました、紋男帯『トランプ』が、福岡県議会議長賞を受賞しました。

男帯 本場筑前博多織男帯トランプ
時を超えて~受け継がれる心と技~

県内の伝統的工芸品7産地のより秀れた作品を一堂に展示し、伝統工芸品「本場筑前博多織、博多人形、久留米絣、小石原焼、八女福島仏壇、上野焼、八女提灯」の良さを皆様に紹介するものです。まごころをこめてつくりだされた”癒やし”の文化を堪能してください。

■開催日時 平成26年9月10日(水)~9月14日(日)
午前10時~午後6時、最終日は午後5時

2階 交流ギャラリー(作品展示)
匠ギャラリー(販売コーナー・実演体験)
メッセージホワイエ(伝統的工芸品写真展・実演体験)
1階 アトリウム
(九州オリジナルカスタマイズカー「輝匠」展示
・観光PRブース・実演体験)

thumb.php

 

 

 

 

 

 

 

■開催会場
アクロス福岡 福岡市中央区天神1丁目1-1
■主催
福岡県 福岡県伝統的工芸品振興協議会 アクロス福岡出展協議会
■共催
公益財団法人アクロス福岡 福岡県観光推進協議会
公益社団法人福岡県観光連盟 九州オリジナルカスタマイズカー製作会議

 

 

2014-09-08
第70回福岡県美術展覧会(県展)にて入選

第70回福岡県美術展覧会(県展)にて入選

本場筑前博多織  福岡県美術展覧会
*左側 男帯が入選(NO.15)

筑前織物に在籍する丸本修司が、第70回福岡県美術展覧会(県展)に出品しておりました本場筑前博多織 男帯「郭-kuruwa-」が入選しました。

こちらの作品は、手織りの男帯になります。

今回の作品作りのイメージは、「福岡の街の情景を帯の中で描く」。

作品名の「郭」とは、城、砦、街などに巡らせた囲い。

私のこの作品を製作するにあたり、福岡の街=福岡城 からインスピレーションを受け

製作しました。

よくご覧いただくとお分かりになるかもしれませんが、福岡城を取り囲む砦などを、

組織風のデザインで表現してみました。

作品の意匠から、色出し、糸の準備、そして織りまで、

すべての工程が手作業になります。

色見本 糸繰り 
DSC_0629
試し織りを何度も繰り返しながらできた作品が、入選できた事をうれしく思います。

展覧会もありますので、ぜひご覧いただきたいと思っております。

 

福岡県美術展覧会「県展」HPは、こちらへ

展覧会名

第70回福岡県美術展覧会(県展)

開催趣旨
福岡県美術展覧会(県展)は、県民から広く作品を公募し、その優れた成果を展示することで、県民の創造意欲を高め、美  術を通した豊かな生き方を支援するとともに、あわせて、福岡県美術協会会員の作品を展示し、福岡県における美術活動の  より一層の充実をめざそうとするものである。
主 催
福岡県美術展覧会実行委員会(福岡県立美術館、公益社団法人福岡県美術協会、朝日新聞社)

後 援
福岡市、福岡市教育委員会
協 賛
株式会社岩田屋三越
応募部門
日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真、デザイン

会 期
平成26年9月2日(火曜日)~9月28日(日曜日)
1期:9月 2日(火曜日) ~ 9月 7日(日曜日) 書
2期:9月 9日(火曜日) ~ 9月15日(月曜日・祝日) 洋画
3期:9月17日(水曜日) ~ 9月21日(日曜日) 日本画・彫刻・デザイン
4期:9月23日(火曜日・祝日) ~ 9月28日(日曜日) 工芸・写真
会 場
福岡県立美術館

入場料
一般300円、高大生200円、小中生100円
表彰式
平成26年9月28日(日曜日)福岡リーセントホテル
巡回展
(1)筑後展(大牟田文化会館)
10月 6日(月曜日) ~10月12日(日曜日) 日本画・洋画・書・写真
(2)宗像展(宗像ユリックス)
10月15日(水曜日) ~10月19日(日曜日) 日本画・書
10月21日(火曜日) ~10月26日(日曜日) 洋画・写真
(3)筑豊展(嘉麻市立織田廣喜美術館)
10月28日(火曜日)~ 11月 3日(月曜日・祝日) 洋画
11月 5日(水曜日) ~11月 9日(日曜日) 日本画・写真・デザイン
11月11日(火曜日) ~11月16日(日曜日) 書
(4)北九州展(北九州市立美術館)
11月18日(火曜日) ~11月24日(月曜日・祝日) 全部門


 

2014-04-01
公益財団法人モラロジー研究所に寄贈

平成26年4月1日(火)公益財団法人モラロジー研究所 (HP)廣池千九郎中津記念館の新築に伴い、

記念館をモチーフとした博多織テーブルセンターを寄贈しました。

 

H260401丸本繁規様2

photo1-360x239

 

博多織の織りの技術によって、忠実に表現したものになります。

公益財団法人モラロジー研究所のHPにも掲載されています。

公益財団法人モラロジー研究所は、こちら

 

2014-03-29
博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』

博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』

博多織の新シンボル完成 承天寺『千年門』

本日、博多織の発祥の地である承天寺に新たな博多、そして博多織の新シンボルが完成しました。

それが、『千年門』です。

6
 

博多駅博多口から、徒歩10分前後にある承天寺。

博多織や饅頭、うどんの発祥の地として知られている承天寺。11月にはいつも博多織求評会が行われている

この地が、より楽しめる場所にかわりました。

6
博多駅から承天寺に向かう途中にでてくるの目印が、こちら『承天寺通り』。

ここから歩いて5分。

6
 

近づいてきましたね、千年門。

よくみてください、前に映っているタクシーを!

そうなんです、福岡のタクシーの一部に『博多献上柄』をデザインしたプレミアムタクシーが走っているんです。

ぜひ、観光でこられた際は、こちらも楽しんでいただければと思います。

 

6
 

やっとシンボルにつきました。『千年門』。

千年門は古文書に登場する博多の出入り口「辻堂口門(つじのどうぐちもん)」をモデルにした木造瓦ぶきの四脚門。高さ、幅ともに約8メートルで、博多の街の未来千年の繁栄を願って命名されたそうです。

 

6
6
 

もちろん、博多織の代名詞『献上柄』も、デザインされていました。

6
 

そして門を通過すると、きれいに整備された道にマツやモミジ、自然石が配置されています。

 

6
 

6
 

そしてその先には、承天寺があります。

6
 

木々が、青く健やかに育ち幻想的な雰囲気を醸し出しています。

 

ぜひ、博多織発祥の地『承天寺』そして、『千年門』をお楽しみください。

その際は、ぜひ着物で歩いてみてはいかがでしょうか?!

 

近くに、おいしそうなうどん屋 さんもありますので、ちょっとした観光におススメです。

 

 

2014-03-26
西日本新聞に福絖織物が掲載されました

西日本新聞24面 『博多モノ語りシリーズ5』

西日本新聞記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筑前織物グループの博多織の製造を担当する福絖織物が西日本新聞に大きく取り上げられています。

福絖織物の執行役員意匠部長あり、伝統工芸士である上石辰男がデザインした切子柄の着尺の紹介や、

博多織の歴史、そして博多織育成学校を卒業し手旗職人として活躍してるスタッフの紹介。

また切子柄の帯、着尺の作成秘話なども記事として掲載していただいておりますので、

ぜひご覧くださいませ。

 

 

 

2014-01-12
第111回 博多織求評会内閣総理大臣賞受賞作品:着尺

第111回 博多織求評会

最高賞内閣総理大臣賞:博多織着尺

博多織内閣総理大臣賞博多織着尺
平成25年11月承天寺にて開催されました博多織求評会において、内閣総理大臣賞受賞という栄誉に輝くことができました。博多織業界がこの日の為に制作した渾身の力作の中から受賞になります。

博多織着尺
筑前織物グループは770余年の伝統を誇る「伝統的工芸品」博多織の産地専門卸商社、および織元です。「博多織の未来を創造する」をミッションに掲げ、「博多織の未来創造しつづける」というビジョンの実現に向けて、商品・サービスの提供を行っております。「伝統工芸品」博多織の技術継承と新しい取り組みを通じて、今後もお客様にご満足いただける商品の開発およびサービスの向上に努めてまいります。

博多織着尺切子柄
 

  • 主催 博多織工業組合
  • 後援:経済産業省・九州経済産業局・福岡県・福岡市・(社)日本絹業協会・(財)伝統的工芸品産業振興協会・(社)日本絹人繊織物工業会・福岡商工会議所・福岡県中小企業団体中央会・福岡県伝統的工芸品振興協議会
  • 協賛:茶道南坊流 南坊会
 

 

2014-01-12
第111回 博多織求評会文部科学大臣賞受賞作品:帯

第111回 博多織求評会

文部科学大臣賞:帯

平成25年11月承天寺にて開催されました博多織求評会において、文部科学大臣賞受賞という栄誉に輝くことができました。

博多織業界がこの日の為に制作した渾身の力作の中から受賞になります。

博多織求評会 文部科学大臣賞
文部科学大臣賞 博多織
筑前織物グループは770余年の伝統を誇る「伝統的工芸品」博多織の産地専門卸商社、および織元です。「博多織の未来を創造する」をミッションに掲げ、「博多織の未来創造しつづける」というビジョンの実現に向けて、商品・サービスの提供を行っております。「伝統工芸品」博多織の技術継承と新しい取り組みを通じて、今後もお客様にご満足いただける商品の開発およびサービスの向上に努めてまいります。

 

  • 主催 博多織工業組合
  • 後援:経済産業省・九州経済産業局・福岡県・福岡市・(社)日本絹業協会・(財)伝統的工芸品産業振興協会・(社)日本絹人繊織物工業会・福岡商工会議所・福岡県中小企業団体中央会・福岡県伝統的工芸品振興協議会
  • 協賛:茶道南坊流 南坊会
 

 

2014-01-09
第111回 博多織求評会産業経済省製造局長賞名古屋織物卸商業組合理事長賞受賞作品:帯

第111回 博多織求評会

産業経済省製造局長賞、名古屋織物卸商業組合理事長賞:帯

平成25年11月承天寺にて開催されました博多織求評会において、産業経済省製造局長賞、名古屋織物卸商業組合理事長賞受賞という栄誉に輝くことができました。

博多織業界がこの日の為に制作した渾身の力作の中から受賞になります。

 

求評会 産業経済省製造産業局長賞 名古屋卸商業組合理事長賞
博多織受賞作品
博多織受賞作品
 

 

筑前織物グループは770余年の伝統を誇る「伝統的工芸品」博多織の産地専門卸商社、および織元です。「博多織の未来を創造する」をミッションに掲げ、「博多織の未来創造しつづける」というビジョンの実現に向けて、商品・サービスの提供を行っております。「伝統工芸品」博多織の技術継承と新しい取り組みを通じて、今後もお客様にご満足いただける商品の開発およびサービスの向上に努めてまいります。

 

 

  • 主催 博多織工業組合
  • 後援:経済産業省・九州経済産業局・福岡県・福岡市・(社)日本絹業協会・(財)伝統的工芸品産業振興協会・(社)日本絹人繊織物工業会・福岡商工会議所・福岡県中小企業団体中央会・福岡県伝統的工芸品振興協議会
  • 協賛:茶道南坊流 南坊会
 

 

2014-01-09
第111回 博多織求評会京都筑選会賞受賞作品:帯

第111回 博多織求評会

京都筑選会賞受賞

平成25年11月承天寺にて開催されました博多織求評会において、京都筑選会賞受賞という栄誉に輝くことができました。

博多織業界がこの日の為に制作した渾身の力作の中から受賞になります。

 

博多織求評会 京都筑選会賞
 

 

筑前織物グループは770余年の伝統を誇る「伝統的工芸品」博多織の産地専門卸商社、および織元です。「博多織の未来を創造する」をミッションに掲げ、「博多織の未来創造しつづける」というビジョンの実現に向けて、商品・サービスの提供を行っております。「伝統工芸品」博多織の技術継承と新しい取り組みを通じて、今後もお客様にご満足いただける商品の開発およびサービスの向上に努めてまいります。

 

 

  • 主催 博多織工業組合
  • 後援:経済産業省・九州経済産業局・福岡県・福岡市・(社)日本絹業協会・(財)伝統的工芸品産業振興協会・(社)日本絹人繊織物工業会・福岡商工会議所・福岡県中小企業団体中央会・福岡県伝統的工芸品振興協議会
  • 協賛:茶道南坊流 南坊会